コンプライアンスと透明性

 

検証:ヒューフレディ社は、社内またはサプライチェーン内に奴隷制度や人身売買が起こっていないことを、サプライヤーに書面での確認を求めています。

監査:ヒューフレディ社は、サプライヤーが、サプライチェーンにおける人身売買や奴隷制度の存在を防ぐ会社基準を遵守しているかを評価する監査を行います。

証明:ヒューフレディ社の標準的取引条件は、すべての商品が、すべての国、州、地域の法律と法令に従って生産されていることの保証、陳述、誓約をサプライヤーに求めます。

内部責任:ヒューフレディ社には、該当する法律と規制に則った、様々な人権に関連したポリシーとガイドラインがあります。社員または契約社員が、サプライヤーが禁止されている行動に関与していることを示唆する状態に関わりを持ったり、またはその問題処理を怠る場合、非遵守の厳罰は、違反の性質、状況、重度によって異なります。従業員が禁止されている行動に関与した場合の厳罰は、雇用修了またはそれ以下の制裁となります。契約者が禁止されている行動に関与した場合の厳罰は、サプライヤーとの既存の契約の終結または非更新です。

トレーニング:ヒューフレディ社は、人身売買や奴隷に関する法律に関して、サプライチェーンを担当している従業員に、教育を行っています。